ビスホスホネート製剤の副作用

昨日、仕事終わりで日本歯科大学九段ホールで行われた学術講演会に行ってきました

内容は、昨日のBLOGでも書いたが
『経口ビスホスホネート(BP)系製剤の副作用(顎骨壊死)に関する臨床調査研究』
でした

まず『ビスホスホネート』
 骨の成分であるハイドロキシアパタイト(HP)に親和性をもち、これを保護、固定する作用がある。そうする事によって、骨の吸収を抑制 また破骨細胞の活性を抑制する
ということで骨粗鬆症の治療薬として利用されている

経口投与の患者様が日本に2700万人
注射(静注)投与の患者様が日本で300万人
といわれている

ビスホスホネート(BP)は
 経口投与では腸管からの吸収率は非常に低い
 空腹時に服用しないと食物中のカルシウムと結合して体内に吸収されない
 ビスホスホネートはリン酸カルシウムに対して高い親和性を持つ
 消化管の粘膜に影響を及ぼす(たくさんの水と一緒に飲む事が大事】

ビスホスホネート(BP)は顎骨以外の骨に対して効果が高いといわれている

では顎骨のみで壊死を起こすのか??
顎骨の周囲には軟組織が少ない。よって血管も他に比べて少ないために顎骨のみで壊死を起こすのではないかといわれている


そこでどのように注意していったら良いか??という事になる
 まずは問診でビスホスホネート(BP)剤を飲んでいるか?
 またどのくらい期間飲んでいるか?
を聞く事が大事である

その際のボーダーラインは経口投与で3年がだそうです
3年未満であればリスクは殆どないとの事(1%未満)

その他に危険因子として
 ステロイドの併用(例えばリウマチ、自己免疫疾患)、喫煙、糖尿病、喘息
などにも注意する必要があるとの事

注射(静注)投与の患者様は基本的に対症療法で、口腔内ケアは大事との事

ちなみに品川及び荏原歯科医師会で調査したところ
 BP剤を飲んでいた患者様が56人いらしたそうでそのうち女性が54人
 圧倒的に女性が多いとの事
 平均年齢は73歳で60〜70歳代の方が多いとのこと

ステロイド併用患者が7名で、この中で副作用の顎骨壊死(BRONJ)が認められたのは全体に1名で発症率は1.8%だったそうです


みなさんのなかでもBP剤を飲んで方もいらっしゃると思います
飲まれている方で、歯科治療なさっている方は、担当の先生によく相談なさって下さい

問題(顎骨壊死 BRONJ)が起きてからでは大変ですから

しかし医科の立場ではビスホスホネート(BP)剤が大腿骨骨折の予防にも効果があるので、
BP製剤に対しては顎骨壊死(BRONJ)という負の部分のみならず、その薬効を冷静に評価し、
医科と歯科が連携していかなければならない思う





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

今晩は研修会です

先週末は真冬のように寒かったですが、昨日、今日とぽかぽか陽気ですね晴れ

世間では風邪やインフルエンザが流行っていますので気をつけましょう
実は、今週火曜日にインフルエンザの予防接種受けてきました
先日もニュースでやってましたが、『マスクを過信しないように』といってました
まずは、マスクの前にまずは『手洗いとうがい』ですよ

話は変わりますが
今日も仕事終わりで、自分の母校である日本歯科大学『九段ホール』で行われる研修会に参加してきます学校

内容は
『経口ビスホスホネート(BP)系製剤の副作用 (顎骨壊死)に関する臨床調査結果』
NTT東日本関東病院の斉藤 健一先生が話される

実際、ケンデンタルオフィスの患者様でも経口ビスホスホネートを飲まれていた方がいらっしゃいましたびっくり

今、歯科会ではビスホスホネート(BP)服用患者の抜歯での顎骨壊死が問題視されている冷や汗

今後の臨床において安心、安全な診療を行うためにしっかり勉強してきたいと思います




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

宝田エクササイズについて

先週参加した宝田先生の研修内容をBLOGにアップしていこうかと思いましたが
宝田先生のHPの中に『たたるみ解消法』という項目があり
その中身は、自分が受講してきた内容を動画付きで解説していますので
そちらをご覧ください

アクセスしてメールアドレスを送るだけなのでやってみて下さい
URLhttp://takaradakyoko.com/
右上の『宝田恭子若返りプログラム』から入っていってください
登録すると5日間、毎日のプログラムが送られてきます
12月15日までですからお早めに

継続は力なりですよ!!

宝田恭子先生の研修会に参加して

昨日は、夜8時から渋谷区歯科医師会館で行われた、宝田恭子先生の研修会に参加してきました

講演前で残念ながら宝田スマイルは撮れませんでした

会場は歯科医師ばかりではなく、衛生士さんも参加していて会場に入りきらず立ち見が出るほどの大盛況であった

内容を要約すると
口元からのアンチエイジング
10年後の口元力
宝田恭子の美マジック

その目標は
  鼻呼吸
 シンメトリーな笑顔
 不鮮明なほうれい線


それぞれについて、解剖の事も交えながら実習付きで講演してくださった
2時間の予定が30分くらいオーバーするほどでした


内容については、自分でも整理して、ブログにアップしていきたいと思いますのでお楽しみに

今晩は研修会です

今日は、仕事終わりで、月に一度の勉強会に、最近テレビでご覧になった患者様も多いと思いますが、『宝田 恭子 先生』がいらっしゃいます

自分はテレビでは、何回か拝見した事がありますが、
実際に研修会に参加するのは、はじめてなので楽しみです嬉しい

今日は、宝田先生が『くちびる美人トレーナー』としていらっしゃるとのこと

また持ち物が
 歯ブラシ、手鏡、グローブ、2Lのペットボトル

いったい何を教えて頂けるのか??

またBLOGで報告します

ホワイトニングの研修会

みなさん、連休はいかが過ごされましたか??

自分は、日曜日はゆっくりしましたが、昨日の月曜日は、GOOD LINEの先輩でもある飯塚先生の『KEN'S ホワイトニングのフォローアップセミナー』に参加してきました学校

ケンデンタルオフィスでは『ケンズ ホワイトニング』を去年の9月から採用させて頂き多くの方をホワイトニングしてきました

しかし、1年経過して、ホワイトニングの方法が微妙に進化していると、飯塚先生にお聞きしたので、早速参加してきました。

受講生は全部で10人の研修会でしたので、疑問点は直ぐに手を上げて質問できるような状況でしたので、よく理解することが出来ましたグッド

昨日参加したことによって今までよりもさらに
『楽しく、早く、痛くなく、歯を白くする』
することが可能となりました

今まで、ホワイトニングをなさった方で痛い思いをされた方も、『KEN'S ホワイトニング』は痛くありませんびっくり

是非ご興味のある方は一度ご相談下さい(費用は1回1時間 10500円です) 
TEL03-6279-7418
MAILinfo@kendental.com


人の第一印象(着眼点)は
目(目つき)の次が歯(歯並び)だそうです
(その次は服装、髪の毛だそうです)

ですから、歯を白くすることによって、気持ちも明るくなり、アンチエイジング効果も期待できます嬉しい

ちなみに自分は、昨日の研修会で、またホワイトニングしてきました嬉しい
また白くなり、歯もツルツルになりました
全く術後痛みはありませんグッド










東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

今日は講演です

今日は、毎月参加している青山歯科研究会(GL会)で講演してきました学校

内容は
『ピエゾサージェリー(Surgy bone)を使った内部注水チップを使用したソケットリフトについて』です
手術のライブビデオを交えて講演してきました

みなさんから、
『本当にシュナイダー膜は破れないのか?』
『補填材はどうしているのか?』
などのご質問を受けました
なんとかうまく講演することができました。拍手

今日の診療内容も盛りだくさんで
ポーセンレンの補綴物の印象、インプラント手術前の仮歯の印象、
咬合高挙上(咬み合わせを挙げる)のケースの下顎前歯のプロビジョナル
下顎フルインプラントのケースの咬み合わせの確認
でした


やはり歯科臨床は色々なケースがあり楽しいですね楽しい





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

韓国の研修会に行ってきました

昨日、無事に帰ってきました拍手

月曜日関東地方を台風が直撃するので、羽田から飛行機が来なくて帰れないのでは...
と、ひやひやしてました飛行機

研修会は結構ハードスケジュールでした

8月29日(土曜日)
朝一番の飛行機でソウルに向かい、そこからソウル駅に移動してランチ(ちなみに冷麺)
テグまで、韓国の新幹線で移動(1時間40分)
そこから研修会場に移動して研修(インプラント埋入のハンズオンもありました)
夕食(お約束の焼き肉)
その後ホテルへ


テグカトリック大学です

8月30日(日曜日)
午前中はテグカトリック大学で症例検討及びライブオペ
昼食(参鶏湯)
午後はミニインプラントの研修及びハンズオン
その後新幹線に乗ってソウルに移動
夕食(焼き肉)

8月31日(月曜日)
金浦空港から飛行機に乗り帰国


ライブオペは
ケース1:ピエゾを使ったソケットリフトとサイナースリフト
ケース2:下顎前歯の抜歯即時埋入(ミニインプラント)とプロビジョナル
     下顎臼歯部のインプラント埋入&GBR

とにかくSohn先生のOPEの早さには驚かされた
またピエゾの使い方も2年前に聞いたときと違い、進化していた
また明日からの臨床に使える内容であった

とても有意義な2日間の研修であった

また機会があれば、参加したいと思う

研修会終了後のソン先生と受講生で記念撮影

下段の右から2番目がソン先生です




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

研修会に行ってきます

今週土曜日、お休みを頂いて、3日間の予定で、(8月29日〜31日)
『Prof.Sohn テグカトリック大学ライブオペ見学ツアー』に参加してきます

内容はピエゾエレクトリックサージェリーコースのアドバンスコースです
ピエゾを使ったライブオペも2〜3ケース見学できるみたいなので楽しみです楽しい


土曜日はお休みさせて頂くので、土曜日にいつもいらっしゃる患者様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします冷や汗

来週からの臨床にすぐ役立つように勉強して参ります学校




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

研修会に行ってきました!

先週の日曜日(7月26日)に「Surgical Basic Course』の最終回に行ってきました学校

研修会でしたが、外は晴れていておてんき暑かったみたいですが、研修会場は冷房が効いていて寒いくらいでした

内容は
午前中 特別講師のDr.殿塚による「Learning stage」のレクチャー
続いて Dr.青井による『外科処置に対するコンサルテーション』
でした

午後は 豚実習で『根面被覆術 Modified Langer Technique」でした

写真は豚実習の様子です


豚の口蓋から上皮1mm付きの結合組織片を採取


移植片採取部の縫合


歯肉退縮部に移植して縫合


最後にCertificate授与式がありました嬉しい

自分の右隣がDR.青井、左隣が特別講師のDr.殿塚ですカメラ

また改めて今回の研修会に参加して、『BACK TO BASIC」つまりの基本が大事だということを再認識しました

今までも色々な研修会に参加していますが、BASICとはいっても明日からの臨床にすぐに役立つ内容の研修会でした嬉しい

この場を借りて、青井先生をはじめ、講師の先生方、手伝いに来られている先生方、衛生士さんに感謝を申し上げてたい拍手

本当にありがとうございました
また今後ともよろしくお願いします




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM