<< 歯科用CT(MORITA 3−DX)による診断 | main | 糖尿病と歯科疾患 >>

緑茶と番茶の違い

みなさん、どんなお茶を飲まれていますか??

最近は『カテキンが○○に効く』『血糖値を下げる』など、日常の飲み物としてより、健康効果を、狙ったものが多く見受けられます。

茶色というのは、元はお茶から付けられた色の名前です
このことから、昔はお茶は緑色のものではなく、茶色のものが飲まれていた事がわかります!


お茶は、春から秋にかけて、数回に分けて収穫されます。
番茶は、葉が大きくなって成熟してから刈り取るお茶です。
5月初めに刈り取る一番茶などより遅く刈るので『番茶』ともいいます
熟しているので香りが良く、渋みは殆どありません。

緑茶は、未成熟な葉のため、タンニンやカフェインが多く含まれ、渋みがあるのが特徴です
そのため、子供はあまり好みません。
緑茶を夜飲むと、眠れなくなったりします。


このように、緑茶に比べて番茶は、赤ちゃんからお年寄りまで誰でも安心して飲む事ができます
朝から晩まで、一日に何杯飲んでも大丈夫です。
緑茶を出す病院はあまりありません。番茶なら、病気の患者様も問題なく飲めます。


ここで、歯科系のお話をひとつ
お茶にはフッ素が含まれています。(みなさん、御存知だとは思いますが)
フッ素は、緑茶(新茶)よりも番茶(古葉)にたくさん含まれています
   新芽  30〜350ppm
   古葉  1000〜1800ppm

ちなみに、歯磨き粉に入っているフッ素は、どんな歯磨き粉でも1000ppmしか入っていません!!

これからもわかるように、番茶を飲むのは虫歯予防の為にも良いという事ですグッドグッド

みなさんも今日から、番茶を飲むようにしましょう!!



東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断はケンデンタルオフィス
コメント
ブログ拝見いたしました。とても興味深い内容のブログをこれからも楽しみにしています。
  • 前田眞智子
  • 2008/07/20 8:58 PM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM