<< 研修会参加のため午後は休診となります | main | 明けましておめでとうございます >>

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎について

JUGEMテーマ:健康


アトピー性皮膚炎は決してアレルギー反応ではなく、全て口や喉や胃腸内の常在性の非病原性の腸内細菌かエンテロウイルスが皮下組織の細胞内に入り込んで起こる細胞内感染症で発症するものであるとの事


40〜50年前にはこのような感染症を不顕性の感染とされ、大人では『日和見感染症』といい、小児では『自家中毒症』と呼んでいた(赤ちゃんも例外ではない)


赤ちゃんのアトピー性皮膚炎には2通りある

① 母乳によるアトピー

② 離乳食によるアトピー


1.母乳によるアトピー性皮膚炎
  母乳が母親の口腔内細菌・歯周病菌・喉や鼻、腸内の常在菌の微生物によって汚  染されているために起こる皮膚炎

  母親のアトピーは自身の腸内の常在菌やエンテロウイルスが常時白血球に抱えら  れて血液内をめぐり、常に皮下組織細胞内に細菌やウイルスを播種している

  当然母乳の白血球内にも四六時中大量の常在菌が感染していて、これを吸てつし  た赤ちゃんの腸から白血球ごと吸収されて赤ちゃんの体内をめぐり、白血球が壊  れると、大量の微生物が皮下組織にばらまかれて、細胞内感染症を発症する

  全ての免疫病は常在性腸内細菌の細菌内感染症によって発症するので、アトピー  の赤ちゃんの母親は、何らかの免疫病か未病か
  あるいは冷中毒かキムチ・ショウガ・カラシ・カレー・玄米・雑穀・ひもの・く  さや・ビーフジャーキー・漢方薬・西洋薬・大量の小麦・アイスクリーム・冷   ビールを飲食するか手足を極端に冷やしている低体温のヒトである


  実際の例で
   29歳の母親が緑内障・潰瘍性大腸炎・アトピー性皮膚炎の方で、玄米と漢方   薬を完全に辞めて、赤ちゃんに母乳を与えてところ著名に改善され完治した



2.離乳食アトピー性皮膚炎
  ヒトの子の授乳期間は早くても2歳半であるから、ヒトにより違いがあるが、   6ヶ月でも1歳でも2歳でも、母乳(人工乳)以外の食べ物を与えればアトピー  性皮膚炎が発症することがある


  これは,離乳食を食べることによって、5分後に腸内細菌が赤ちゃんのビフィズ  ス菌叢から大人型の大腸菌ウエルシュ菌叢に変わり、この菌が大量に血液中に吸  収されて体内をめぐり、皮下組織の細胞に播種されて細胞内感染症を発症するた  めである

  体が冷えないようにして、おしゃぶりとともに、乳児用ミルクを42℃にして哺  乳瓶で与えると、3日〜1週間で玉の肌になる

  
  またおしゃぶりをしないと口呼吸になり、これだけで低体温症とアトピー性皮膚  炎を発症する

  乳児用ミルクでも、温度が低いだけで真っ赤っかになるが、体を温めてミルクの  温度を高めておしゃぶりを与えると、一日できれいに戻る事もある  



みなさんでも心あたりのある方は、だまされたと思ってやってみる価値はあると思いますよ楽しい

すぐに実行してみて下さい


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM