<< 『野菜脳』で心の平和を取り戻しましょう | main | 今日は勉強会です! >>

矯正用インプラントで注意すること

みなさん、ご無沙汰しています

なかなか更新出来なくて申し訳ありません冷や汗

今日は、外注(他の矯正歯科医院から)の矯正用インプラント埋入の際に注意する事のついてです

ケンデンタルオフィスでも開業当初から、矯正用インプラントの埋入を行ってきました

その際に必ず術前の診断として、院内にある歯科用CT(モリタ 3−DX)を撮影してから、分析します
その場で診断出来ますので、すぐに患者様にご説明して、矯正用インプラントを埋入する事になります

今日のCTのデーターは、依頼された先生からのオーダーでは第一大臼歯と第2大臼歯の間との事でしたが、レベリングが終了しているので、歯根と歯根の距離が近くなっており、その間に矯正用インプラントを埋入する事は不可能です

縦断面


横断面


依頼医に相談の上、そのもうひとつ手前の位置に埋入する事になります

このように、術前の診断が、矯正用インプラントであっても、3次元的な診断が大事だということです

みなさんの中で、矯正用インプラントを埋入する事ある場合は、是非歯科用CTで3次元的な診断をしてから行う事をおすすめします






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス
コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM