<< 『一日一膳』に学ぶ4つのポイント(その2) | main | 『一日一膳』に学ぶ4つのポイント(その4) >>

『一日一膳』に学ぶ4つのポイント(その3)

今日はその3です
野菜『一日一膳』に限らず多く食べる事を心がけましょう

旬の野菜はもちろん干ししいたけや切り干し大根、山菜、ごま、干した海藻類などの乾物を利用して、野菜料理の幅を広げるようにしましょう

乾物は日本人が古来より受け継いできた伝統的な保存食です嬉しい

天日にさらす事によって、旨味や甘みが濃くなり、ビタミン、カルシウム、鉄といったミネラル、食物繊維などの栄養素が凝縮され、栄養価も高くなります

殆どの乾物は水に戻せばすぐに使え、煮炊きの時間も短くて済みます

また豆類、特に大豆はアンチエイジングを意識している人には欠かせない食材です
一日1回は豆腐や納豆を食べるようにすればアンチエイジング効果ありますよ嬉しい
(特に女性には)女

自分は乾物を使った料理はあまりしませんが、スーパーのお惣菜コーナーで、ひじきやおからなどは買って食べるようにしています食事

料理が得意の方は、乾物を利用して野菜料理や豆料理レパートリーを増やすようにしてみてください食事




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス
コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM