<< 1日『一食』でも改善すれば健康寿命は延ばせる!? | main | 『一日一膳』に学ぶ4つのポイント(その2) >>

『一日一膳』に学ぶ4つのポイント(その1)

まずは魚料理は必修となる魚
肉は食べてもいいのですが、『コレステロールと脂肪』をコントロールする事が大事ですよ豚

魚を毎日食べる事が大事なのは昨日のBLOGにも書いた通りです
一日一食は必ず魚料理を摂るように心がけましょう

肉料理は次の事を注意しましょう
 油は使い過ぎないようにスプレー容器に移し替えて使用する
 
 豚肉は脂の溶解温度が約40℃と低いため、日常使うには最適豚
 バラ肉など脂の多い部位は、ゆでる、蒸す、焼くなどの下処理を加える

 牛肉の脂の溶解温度は約90℃
 蒸す、ゆでる、揚げるなどの高温で脂を溶かし流す調理法が向かないので
 なるべく脂肪の少ない部分を選びましょう
 脂が多い場合は少しカットしてから魚焼きグリルで脂を落としながら焼く
 *フライパンで約と一度流れ出た脂を再吸収するのでペーパータオルで拭き取りな がら焼くと良いでしょう

 鶏肉の脂も溶解温度は約90℃鳥
 脂の少ないささみや胸肉を使い分けましょう
 もも肉を使う場合には余分な脂を取り除き、皮に穴をあけてゆでる、蒸す、焼く、 揚げるなどの高温で脂肪分を流す

 異常の事を注意して、お肉を食べるようにしましょう。
 決して食べるのを我慢する必要はありません
 それはそれでストレスになりますから




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス
コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM