<< 大豆使いの達人目指して | main | 『一日一膳』に学ぶ4つのポイント(その1) >>

1日『一食』でも改善すれば健康寿命は延ばせる!?

毎日、3回の食事の献立をバランス良く考えながら作って食べる事は、多忙な毎日は大変です

まして、働いていれば外食も多いので難しいでしょう

しかし、1日1食、適正カロリー内で魚や野菜を中心にした和食にすることで、かなり改善できるとのこと(これを武庫川女子大教授の家森先生は『一日一膳』と呼んでいる)

実際の研究でビジネスマンに週5回のランチで、『一日一膳』を実践してもらい検証
 食べてもらうランチは
  主菜を肉にしたヘルシーランチ弁当と主菜を魚や大豆成分を使ったヘルシランチ  弁当
  主食は白米で、副菜には野菜をふんだんに使い、塩分は3.3g以下に抑えてもの

1ヶ月後のデーターをまとめたところ
 体格指数(BMI)25.1→24.8
 拡張期血圧   79.7→76.3mmHg
 塩分摂取量も一日平均で3g低下

特筆すべきは
 魚や大豆成分を食べたグループは悪玉コレステロールが減って、善玉コレステロー ルが増え、動脈硬化のリスクが優位に下がった事がわかる拍手

これが、昼食だけ1ヶ月間でこんなに変化するんですから驚きですびっくり


世界各国みても、米食中心の地域は長寿の傾向があります
従来、日常食として食べられてきた和食は、大豆加工食品や魚介類、野菜類の料理が中心
これらの食材に生活習慣病を防ぐ効果がある事は、世界的に知られている
欧米化され、カロリーを摂りすぎた食習慣を『一日一膳』、私たちの体に合った本来の食事に戻すだけで、健康寿命を延ばす事になり、アンチエイジングにもつながるのです嬉しい


みなさんも今日から『一日一膳』を実践しましょう食事




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス














コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM