<< 週末、 WAKEBOARDSしてきました! | main | 歯科用CTによる診断(外注編) >>

骨折しにくい日本人

 骨によい食品といって連想するのが『牛乳』
しかし、昔から乳製品を食べる習慣がある欧米に比べ、そうでない日本の高齢者が大腿骨頸部を骨折する頻度は、1/2〜1/3程度とのこと

では欧米人よりもきゃしゃで骨の量も少ない日本人が、なぜ骨折しにくいのはのか??
その理由は、『和風の暮らしぶり』にあるとのこと

国内の高齢者を対象に行った調査では、
伝統的な日本の生活様式を守っていた人は、洋風の生活を送っていた人より骨折が少なかった。昔ながらの布団の上げ下げやぞうきんがけなどが筋力を維持し、転倒を防いでいる
また和食の効用が考えられるとのこと

実は、和食の食材には『カルシウム』が豊富なものが少なくない
干しエビやヒジキ、小松菜などに含まれる『カルシウム』の量は、牛乳やヨーグルトに負けないくらい多い
干しエビとヒジキは、カルシウムの半量を摂取するのが理想的とされる『マグネシウム』も多い

さらに、サケやサンマ、干しシイタケに含まれる『ビタミンD』が、カルシウムの吸収を助ける
納豆やほうれん草、春菊などは、骨の形成を促す『ビタミンK』が豊富である

『大豆製品』には、加齢による女性の骨量低下を防ぐ効果も期待できる
女性ホルモンの減少が骨粗しょう症と密接にかかわっており、大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあるからである
納豆を多く食べる地域ほど、女性の大腿骨頸部骨折が少ないという調査もあるとのこと

しかし骨折予防には、筋肉を作るためのたんぱく質も欠かせない。
骨に良い成分を多く含む食品だけ、偏った食べ方ではだめである
動物性たんぱく質の肉なども敬遠せず、幅広く食べることが大事である

『骨を元気にする献立例』
玄米ご飯
 マグネシウム
わかめと豆腐のみそ汁
 カルシウム マグネシウム ビタミンK
焼きイワシ
 カルシウム マグネシウム ビタミンD
ひじきの煮物
 カルシウム マグネシウム ビタミンK
ほうれん草のおひたしシラスあえ
 カルシウム マグネシウム ビタミンD ビタミンK


実は自分も去年の5月に幕内先生の講習会に行ってから、飲み物を『水と麦茶』に変えました
(以前は牛乳と野菜ジュースしか飲みませんでした)
食べ物は『ひらがな主食』で上のようなおかずを食べています

今週、月曜日の朝食です(ちょっと炭水化物摂り過ぎかな)


歯科医師としてカルシウムが決して減っているのは実感してません
実は、昔から歯石がつきやすいのですが、牛乳を飲むのをやめてもほとんど変化がありません

ですから、みなさんも昔ながらの生活、また食事にしましょう食事
すぐに出来ることですからグッド





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス
コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM