<< 今日のBLOGで 第100号です! | main | 笑うところに、福来る(その1) >>

アンキロス インプラントシステムについて

ケンデンタルオフィスでは、開業当初から、『ITI インプラントシステム』『アンキロス インプラントシステム』を採用してきました。グッド

今日は、先週末に日本口腔インプラント学会で、アンキロス開発国であるドイツから何名かの先生のお話を聞きましたので、アンキロスのコンセプトについてお話していきたいと思います!!

(ちなみに上の白いアバットメントがジルコニア アバットメントです)

現在、インプラントにおいては、プラットフォームスイッチングが主流になりつつあります。ニコニコ
プラットフォームスイッチングとは、太いインプラントと細いアッバトメント(芯棒の部分)を組み合わせる事を言います。(簡単に書いてしまうと)
これにより、インプラントの周囲組織の安定に非常に有効であります。

プラットフォームスイッチングのインプラントは、アンキロス以外でも、近々、インプラントの老舗である、ITI(ストローマン)社やノーベル バイオケア社からも日本で発売になるようですグッド

アンキロスインプラントには、インプラント周囲組織の長期安定性を獲得する為に必要な
『TissueCare Concept」と言うコンセプトがあります

マイクロムーブメントの抑制 グッド


細菌侵入のない接合部 グッド


プラットフォーム・シフティンググッド


深めのインプラント埋入 グッド


骨接合可能なショルダー部グッド


以上の5つの用件を満たしているインプラントはアンキロスだけです

ケンデンタルオフィスでは、主に前歯部の症例で使用していますグッド
アンキロス インプラントには、『シンコーンアバットメント』と言う芯棒を使う事により、複数本のケースで、セメントを使用しないでも安定した結果が得られています

是非、ご興味を持たれた方はご連絡下さい。
相談料は無料となっています
TEL03-6279-7418
MAILinfo@kendental.com



東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス



コメント
ご無沙汰いたしております。
遅くなりましたが、先生のブログ拝見させていただきました。ANKYLOSのご紹介ありがとうございます。今後も弊社商品をお引き立ていただけますようお願い申し上げます。
  • デンツプライ三金 羽場
  • 2008/12/22 11:52 AM
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM