<< 『歯のある生活』でライフスタイル向上! | main | 夏期休暇について >>

歯を失ったときの治療方法

ついに7月も最終日となりました。
暑い日が続きますにで、しっかり食べて、しっかり寝て、乗り切りましょうグッドグッド


ところで、今日は昨日のBLOGの続きで、『ブリッジ』『インプラント』『入れ歯』それぞれの利点・欠点・適応症について書いていきたいと思います

『ブリッジ』
(利点)自然な感じで咬む事ができる
    取り外す必要がない(入れ歯に比べて)

(欠点)問題のない歯を削る必要がある(最低2本)     
    また削る事によって歯自体を弱くする可能性がある
    欠損している隣の歯に負担をかける
    3本以上連結されているので清掃が難しく、虫歯や歯周病のリスクが高くな    る
    そのうちの1本でも問題が起きた場合、ブリッジをすべてやり直す必要があ    る

(適応症)欠損の場所や残っている歯の本数によっては、できない場合がある


『インプラント』
(利点)自然な感じで咬める
    他の歯に負担をかけない
    虫歯にならない
    咬む力を直接骨に伝える事ができる

(欠点)手術が必要
    保険の適応がない
    全身疾患(高血圧や糖尿病など)がある場合、手術ができない場合がある
    骨量(幅や高さ)が不足している場合、増やす手術が必要な場合がある

(適応症)色々なパターンの欠損に対応する事ができる


『入れ歯』
(利点)歯を削る必要がない
    どんな欠損にも対応できる

(欠点)歯ブラシの際に、取り外して洗う必要がある
    食べ物が入れ歯に間に入りやすい
    違和感がある

(適応症)様々な欠損に適応できるが、欠損の本数が多くなれば違和感が増す
     (入れ歯が大きくなるので)


この3つの治療のうち、後戻りできるのは、『入れ歯』です
歯がなくなった部分を放置する訳にはいかないので、まずは入れ歯をつくる場合もあります。

『入れ歯』が合わなければ、『ブリッジ』か『インプラント』ですが、ブリッジの為に削る歯が治療した事のない天然歯であれば、インプラントをお勧めします

患者様によって色々なパターンがありますので、是非一度ご相談下さい
歯科の事であれば、何でもご相談下さい。
相談料は無料です、セカンドオピニオンでも構いません)
TEL03-6279-7418
MAILinfo@kendental.com






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断はケンデンタルオフィス
コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM