歯周病とメタボリックシンドローム(続編)

今日は昨日の続き書いていきます

現代社会ではほとんどの人が何らかのストレスを受けながら生活しています冷や汗

『ストレス肥満』なる言葉もあり、ストレスと肥満もまた関わりがあるようである

生体は恒常性維持のためには、神経系、内分泌系、免疫系が大変重要な役割を果たしている

よって、心の状態は体に影響を及ぼし、また体の状態は心に影響を及ぼす

ストレスは、社会的に、あるいは心理的に、肉体的に生体に刺激を与え恒常性維持を障害を起こします

免疫系への作用としては、好中球やリンパ球、NK細胞(ナチュラルキラー)の働きに影響を与え、生体防御能を低下させる悲しい
このように免疫機能を低下させるストレスは、多くの病気と同じように歯周病においてもその進行と発症に関連しているわけである悲しい

またマウスの実験であるが
ストレスが感染部位のマクロファージの数を下げるなどして歯周病の進行に影響を及ぼすというデーターがあるびっくり

ストレスを受けると、脳下垂体からの刺激によって『カテコールアミン』と『コルチゾール』という2つの副腎皮質ホルモンが分泌される
これを『ストレスホルモン』と呼び、ノルアドレナリンもそのひとつである

また歯周病原細菌をノルアドレナリンの存在下で培養して、病原性の変化について解析する実験がある
その結果は、ノルアドレナリンは歯周病原細菌の発現に影響を与えていたびっくり

よってストレスが歯周病原細菌に影響し、それによって歯周病の発症と進行に関わっている事が示された


過去にも書いたが、歯周病の発症に大きく関わる喫煙についても書いていく

喫煙は肺がんの原因になったり、循環器系に悪影響を与えたりする病院

タバコの煙に含まれる高濃度の一酸化炭素が喫煙によって血液中に侵入し、それが血管壁に障害して動脈硬化を引き起こす冷や汗
またニコチンは血管を収縮させることにより、高血圧の原因となるなど、メタボリックシンドロームにとって増悪因子となる冷や汗

歯周病においても、喫煙者は非喫煙者に比べて罹患リスクが高い
また長期間喫煙を続けている人は歯周病の罹患リスクは肺がんと同程度であるびっくり
歯科治療で喫煙は、歯周治療や口腔内の外科的処置(インプラント手術)に対して悪影響を及ぼす


口腔内バイオフィルムであるデンタルプラークに存在する歯周病原細菌は、血流中に侵入し、菌血症を引き起こします

例えば、心臓に付着すれば細菌性心内膜炎となる

人間はそれらの病原細菌に対して主にマクロファージや白血球が担っている自己免疫とリンパ球を中心とする特異的に作用する獲得免疫とで対抗している

唾液中に含まれるリゾチーム、ヒスタチン、シスタチンなどの抗菌性たんぱく質は細菌の繁殖や毒性を抑えたり、免疫系を調整したりして感染防御に働いている

免疫を担当する細胞は、病原細菌の情報を提供したり、その動きを封じ込めたり、排除したり、破壊したりして細菌と戦っている
しかしこの反応が必要以上に激しくなると、アレルギーなどの障害を引き起こす

サイトカインは、通常は恒常性を維持する為に働いているが、炎症などの病態では過剰に産生され病態の形成や蔓延に関わっいる

歯周病あるいはメタボリックシンドロームの発症にはこのサイトカインを含めた免疫システムが鍵を握っているのである


ストレス、喫煙(たばこ)、エイジング(老化)によって、免疫系が乱される事を考えると、『口腔の健康』がますます重要になってくる

ですからみなさんも全身の健康の為にも、『口腔ケア』が快適に毎日の生活をするための第一歩なのである

毎日のご自身にによる口腔内ケアと定期的に歯科医院に行ってチェック&プロフェッショナルケアをしてもらうことが全身の為にも大事である




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯周病とメタボリックシンドローム

歯周病は感染症である事はみなさんもご存知だと思う

その発症と進行には遺伝的要因とストレスやたばこ(喫煙)などの環境的因子も密接に関係している

そのため、歯周病は、生活習慣病にひとつにも数えられるようになってきた

近年、高血圧症や糖尿病、高脂血症などの疾患を肥満との関係からメタボリックシンドロームと呼び、その診断基準が示されている

歯周病と糖尿病、あるいは肥満は密接に関連しており、メタッボリックシンドロームと歯周病の関わりが指摘されている

その関わり合いのメカニズムの中で、重要な働きをしているのが、『サイトカイン』である

サイトカインはリンパ球などが産生するタンパク質で、人の恒常性を維持する為に働いている

しかし、細菌感染などが過剰に産生されると、生体にマイナスに作用するようになる悲しい


肥満の原因として挙げられるのは運動不足もその大きな要因として考えられるジョギング

マウスを用いた実験で
歯周病原細菌内毒素によって誘導されるサイトカイン産生に及ぼす運動効果調べた実験がある見る

その結果は
運動することによって、歯周病原細菌内毒素によって引き起こされる腫瘍壊死因子α(TNF-α)の産生誘導を抑制する事が明らかになった
TNF-αは代表的な炎症性サイトカインで生体に色々な障害をもたらす悲しい
 炎症、発熱、骨吸収、インスリン抵抗性、精神障害、エンドトキシンショック

歯周病原細菌は菌体成分として、内毒素をもっていて、これはマクロファージなどに作用して、TNF-α産生を強く誘導する

インターロイキン−6(IL-6)も炎症性サイトカインであるが、一方ではTNF-α産生を抑制する

実は運動すると筋肉細胞からインターロイキン−6が産生される。そしてTNF-α産生を抑制するものと思われる

よって運動は肥満を予防する事だけではなく、TNF-α産生を抑制することよって歯周病あるいは糖尿病に防御的に作用しているジョギング

みなさんも、毎日とは言わず、暇を見つけて適度な運動をするようにしましょう自転車
運動する事によってストレス解消にもなりますので

明日も歯周病とメタボリックシンドロームの続編を書きますのでお楽しみにニコニコ





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

デンタルフロスの選び方について

今日は『デンタルフロスの選び方』についてレクチャーしていきたいと思います

みなさんも歯科医院でブラッシング指導を受けたことあると思います
その際に歯ブラシの使い方と一緒に『フロスを使うといいですよ』と勧められたことあると思います

歯と歯の間に溜まっているプラークを歯ブラシだけで取り除くことは至難の技です
そこで必要になるのが『デンタルフロス』です

フロスは細かい繊維が集まって一本の糸になっています
その細かい繊維の束を歯間部に通すことによって、歯と歯の間のプラークを取り除いてくれますグッド

自分も、卒業してから、今年の2月まで、デンタルフロスは、食後のブラッシング後に行うものと思っていました、

しかしある研修会に参加して、考えがガラッとかわりました


『デンタルフロスの役目』は
ブラッシングする前にフロスをすることによって『唾液の通り道を作る』
また歯の接触部分の食物残渣(食べ物のカス)やプラークを取り除くことを意識する
但し、歯間乳頭部(歯と歯の間の三角形に尖った歯肉)には、あたらないように
(壊してしまうので)

この一番最初の言葉には、妙に納得させられました


ではフロスの種類ですが、主に3種類
 ワックスタイプ



 ノンワックスタイプ



 テープタイプ



 
ワックスタイプは
 繊維にワックスが付いていて、バラバラになりにくいです
 しのため、歯の隣接面に詰め物があったり、歯と歯の接触がきつめの方にお勧めで す

ノンワックスタイプは
 繊維の束がワックスで固まっていません。
 ワックスタイプに比べると滑りが悪い分、フロスに慣れている方にお勧めです

テープタイプは
 前者のふたつと違い糸ではなくテープタイプ
 一度に磨ける範囲が広いのが特徴です
 歯に補綴物(被せ物)があったり、歯肉と被せ物の境目がぴったり合っているよう な審美治療なさっている方にお勧めです
 ソフトで、通しやすく、デリケートなケアにお勧めです

この他に
ホルダータイプ

 前者の3つは、糸を指に巻き付けるタイプです
 これは持ち手の付いてタイプなので、糸の扱いが難しいお子さんにお勧めです

スーパーフロスタイプ

 ブリッジのポンティック部やインプラントのブリッジ部などに使用します
 太く膨らんでいる部分、細い部分、そして固くしてある両端の3つの要素が
 ひとつになった物です
 しかしこれは特殊な補綴物が入っていない限り必要ありません

最近は、フロスもミントやシナモンなど香りの付いている物やホワイトニング効果があるものなど様々なものがあります

でも基本はワックスタイプ、ノンワックスタイプ、テープタイプです。
ご自身にあったフロスを使ってみてください

わからなければ、現在通院中の歯科医院で、先生または歯科衛生士さんに尋ねてみて下さい病院

フロスも大事ですが、毎食後のブラッシングの方がもっと大事ですグッド
またフロスをするのであれば、ブラッシング前の方がより効果が高いですよグッド
継続は力なりです!


ちなみにケンデンタルオフィスでは
ピンクリボンのロゴが入ったキーホルダ型デンタルフロスを販売しています

売り上げの一部が乳がん啓発運動資金に当てられます





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯周病大丈夫ですか?

厚生労働省の『平成11年歯科疾患実態調査』によれば、35〜44歳の3人に1人が進行した『歯周炎』びっくり(歯周炎は歯を支える骨などの歯周組織まで炎症を起こしている状態)
炎症が歯肉のみの『歯肉炎』の人を含めると実に8割以上の人に歯周病の症状が認められるのですびっくり


今日は『あなたの歯周病大丈夫ですか?』チェックリストを作ってみましたグッド

いきますよ
 歯肉が腫れている
 歯肉がむずがゆい
 口臭がある
 歯肉から出血する
 口の中がネバネバする
 歯肉から膿がでる
 硬いものが食べづらい
 歯がぐらぐらする
 歯が伸びたような感じがする

いかがですか??
この中でひとつでも当てはまるものがあった方は歯周病の可能性があります冷や汗
当てはまった方は、早めに歯科医院に行かれることをお勧めします病院

歯肉炎なら、きちんと治療すれば元に戻りますが、歯周炎は、程度によっては元に戻りません悲しい

また、特に症状がなくても歯科でも定期検診に行くようにしましょう病院

先週書いた『歯周病のリスクファクター』も読まれてない方は読んでみて下さい
また歯周病は、歯ばかりでなく全身にも悪影響を及ぼしますので(09年5月9日のBLOG参照)



東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯周病のリスクファクター(その4)

今日で最終回です

『修復物の不適』

 歯と修復物の間に隙間があると、プラークがたまりやすく、プラークの除去が難し くなります
 実際これは、歯科医師にも責任はあると思います
 でも、日本の保険制度では、使用出来る材料が指定されているので、精度良く作る 限界があるのもわかって頂きたい
 修復物を入れないように、虫歯予防、つまりブラッシングが大事です

『歯列不正』

 歯並びが悪い為、プラークがたまりやすく、プラークの除去を困難にします
 歯周病ばかりではなく、虫歯のリスクも高くなります
 ですから可能であれば、費用はかかりますが、先行投資という考え方で言ったら   矯正して歯並びを良くし、磨きやすい環境にして、虫歯や歯周病にならないように することも大事です

『家族間の感染』

 歯周病菌は家族間で感染するリスクが高くなります
 
 今は少ないと思いますが、お子様が小さい時に、両親が口で細かくした物を子供に 食べさせると、細菌感染しますので、やめましょう。
 (歯周病菌に限らず、虫歯の菌も感染します)


4回かけて、『歯周病のリスクファクター』について書いてきましたが、
おわかり頂けましたか??

まずは、ご自身のプラークコントロールが一番大事です
次に、定期的かかりつけの歯科医院でプロフェッショナルクリーニングすることも大事です
その次に、リスクファクターについて考えてみて下さい






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯周病のリスクファクター(その3)

またまた続きです

『精神的ストレス』
 精神的なストレスが多い方は、ない方に比べて、免疫力が落ちて、歯周病菌に対し て抵抗力が弱くなります悲しい
 昨日書いた、遺伝的な要因と同じことである

『異常咬合や異常習癖』
 歯ぎしりや強いくいしばり(クレンチングやブラキシズム)は、継続的に行われる と、歯や歯肉にダメージを与え、歯周病を進行させますびっくり

 夜間のくいしばりや歯ぎしりは、日頃のストレスによっても引き起こされる
 自分の今までの診療経験からも、ゴルフなどのくいしばるスポーツをなさる方も要 注意であるゴルフ
 (是非ともマウスガードの製作をお勧めします 09年5月2日参照)グッド

『ホルモン分泌の異常』
 歯肉溝滲出液に含まれる女性ホルモンにより、特殊な細菌が増殖することによって 歯肉が腫れることがありますびっくり

 例えば、
 妊娠中のホルモンの変化、思春期のホルモン変化、更年期障害、閉経期後の骨粗 しょう症

これらからもわかるように、全身的な要因でも歯周病を進行させることがよくわかります悲しい

歯科に限らず、体のこと全体を考えて、規則正しい生活、バランスの良い食事(ひらがな主食)、適度の運動、質の良い睡眠、全てのバランスが大事だと言うことです楽しい





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯周病のリスクファクター(その2)

昨日の続きです

『遺伝的要因』
 遺伝的に免疫力(宿主防御)が弱い為、歯周病菌に負けて、歯周病になる場合があ ります
 これを、正確に調べるには大学病院のような専門機関でなければわかりません


内科的疾患、つまり『糖尿病』です
 (詳しくは2008年7月19日と23日を参照)
 (他には膠原病やリウマチなどもそうです)

 糖尿病の方は、歯周炎が発症しやすく、重度になりやすい
 また、歯周病の治りが悪くなります

 逆に歯周病の方は、歯周病菌が糖尿病を悪化させる
 また血糖値のコントロールを阻害します


『薬物の副作用』
 抗てんかん薬(ダイランチン)
 狭心症の予防薬
 免疫抑制剤

 これらの薬によって繊維芽細胞の増殖によって歯周病のように歯肉が腫れることが あります


これらのリスクは、一般的に歯科医院で歯周病検査をして、クリーニングを行い(スケーリング、ルートプレーニング、ポリッシング)、再検査したが、なかなか歯周病が治らない場合に疑ってください冷や汗

ご自身で、最近、『歯ブラシの際に出血するな』と感じたら、まずは薬局に行って薬用歯磨き粉を買うのではなく、歯科医院に行きましょう。病院

歯周病は、きちんと治療すれば、治ります

何も問題がなくても、かかりつけの歯科医院を見つけて、定期的に検診には行きましょう




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯周病のリスクファクター(その1)

今日は、前回の歯周病の続きで、『歯周病を悪化させるリスクファクター』について書いていきます

まずは『喫煙』についてです

喫煙によって
 ニコチンの血管収縮作用が起こります悲しい
  血流の流れが悪くなります
  酸素や栄養が欠乏します
  血管内のっ老廃物の除去がうまくいかなくなる
 
 歯肉の繊維化が起こります悲しい
  出血などの症状が出にくく、手遅れになりやすいです
  (非喫煙者は、炎症を起こすとすぐに出血するので、わかりやすい)

 白血球機能の抑制悲しい
  歯周病菌に対しての免疫機能が低下する

 歯肉の修復機能の低下悲しい
  歯周病の治療に必要な繊維芽細胞の働きをニコチンによって抑えられる
  よって治癒に対する反応が悪くなる

歯周組織に対して喫煙することによってプラスになる物は何もありません悲しい
(インプラント治療でも喫煙はリスクファクターです)

ですから、歯周病を悪化させない為にも、『禁煙』が大事だと言うことです

今は薬局でもニコチンパッドも購入できますし、禁煙パイポ(古いですかね)などもありますので、自分が禁煙しようとうい気があれば今からでも出来ますので、即実行しましょう

しばらく歯周病のリスクファクターについて書いていきます
お楽しみに楽しい




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM