出張OPE

今日は午後から日本歯科大学の時の先輩の小野歯科医院にOPEの手伝いに行ってきました

医院長の小野先生とは、大学の体育会SKI部先輩、後輩の間柄である
(いつも小野先生にはお世話になっています。ありがとうございます)

手術の内容は、ピエゾサージェリーを使用したソケットリフトです

昨夜も小野先生のオフィスに伺い、術前のシュミレーションをしてきました

手術は、surgy bone(ピエゾサージェリー)を使用して行ったので、シュナイダー膜も破れることもなく、無事にインプラントを埋入することができました嬉しい

その後、小野先生と反省会をしたのですが、ピエゾを使ったソケットリフトを思ったより簡単であることと、思ったより硬組織(骨)が削れるとおっしゃっていました。

小野先生、症例によってお手伝いできることがあれば伺いますので、今後とよろしくお願いします


みなさまでも、『他医院で上顎の臼歯部に骨が不足しているため、インプラントを埋入することが出来ない』と言われた方は、是非ご相談にいらしてください
相談料は無料となっています
TEL03-6279-7418
MAILinfo@kendental.com

ピエゾサージェリーについては2008年3月27日、ソケットリフトについては2008年5月8日のブログを参考になさって下さい





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス




出張OPEに行ってきました

今日は、午前中久しぶりの浅草橋歯科医院にインプラントの出張OPEに行ってきました

内容は
左下臼歯部の欠損部にインプラントの埋入(2本)です

術前にケンデンタルオフィスに来院して頂き、問診と歯科用CTによる精査を行いました
下歯槽神経(下顎骨に中を通っている神経)までの距離も骨幅もあったので、
フラップレス手術で行いました

フラップレス手術は、歯肉を開かないでインプラント埋入手術を行うので、患者様の術後の痛みも少なく、縫合もしないので、楽です。
(しかし、術前の精査が大変重要です。ですから全てのインプラント手術では無理です)

術後のX線写真

ストローマン インプラント 直径 4.1mm  長さ 10mm と 8mm


インプラントに限らず、どんな治療でも術前の検査が一番重要です
それによって治療方針が決まるのですから






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

出張に行ってきました!

今日は、約3ヶ月前にインプラントのOPEをした患者様の補綴物(被せ物の事)をSETしに行きました(浅草橋歯科医院です)

患者様自身、他医院で右下のインプラントを治療経験済みの方でした

今回は左下大臼歯部の2本欠損に対するインプラント治療です

治療の流れについてお話しします!!
4ヶ月ほど前に、浅草橋歯科医院からの御紹介で、ケンデンタルオフィスにて歯科用CT(MORITA 3-DX)を撮影し、骨の状態を診断(特に問題はなし)OK
        ↓
その後インプラントのOPEを一度行う
        ↓ 3ヶ月骨との結合を待って
        印象
        ↓
      補綴物SET

補綴物の状態(インプラントの土台が立っている状態)


補綴物(咬合面観)

補綴物(口腔内の状態)
向かって右下奥2本です
見た目には気が付かないと思います嬉しい


患者様には『右に比べて全く違和感がなくいいですね』と言われ自分もやってうれしく思いましたニコニコ

みなさんでも、『入れ歯が合わない』等でお悩みの方は是非御相談下さい
相談料は無料となっています

TEL03-6279-7418
MAILinfo@kendental.com




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

出張に行ってきました!

先日、浅草橋歯科医院に、出張に行ってきました。

その方は、60代 女性で、CT検査にお見えになった時にわかったのですが、
血液非凝固剤を飲まれていました。

担当の内科医に紹介状を書き、許可を頂いてからOPEする事になりました。
(手術1週間前からお薬は止めても大丈夫とのことでした)
今まで、右下欠損に対して、義歯を入れてらっしゃいましたが、
義歯から解放されたいとのことで、インプラントになさいました。

オペは、3ヶ月前に行い、今回は最終補綴物装着です。

特に何も問題もなく、SET出来ました。グッド

患者様も、義歯から解放されるとの事で大変に喜ばれていました。嬉しい

Y様、今日からは、普通の歯のように手入れと定期検診さえ継続すれば、ずっと使えます。
これからも、頑張りましょう!


このように入れ歯でお悩みの方は、是非ご相談下さい
相談料は無料となっています
TEL03-6279-7418
MAILinfo@kendental.com



東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

またまた出張行ってきました!

今日も、夕方から、衛生士の早川君と一緒に、浅草橋歯科医院に出張OPEに行ってきました。

前回、左下のOPEをした患者様の右下の手術でした。

歯科用CTにて骨の厚みは充分あることはわかっていたので、それほど大変なOPEではありませんでした。

しかし、大臼歯部の骨密度があまりなかったので冷や汗、多少緩めでしたが、3ヶ月も待てば、骨とインテグレーション(骨との結合のこと)します。

印象して歯が入る日が、楽しみです!


東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断はケンデンタルオフィス

出張行ってきました!

今日は、午前中に、東京都町田市で開業している松森先生の所へ、行ってきました。

先生は、毎月一回行っている勉強会のメンバーで、学生の頃からの知り合いです。
(もう知り合って、20年近くになるかもしれません。)

今日、OPEするにあたって、ケンデンタルオフィスに先生に来て頂き、数回ディスカッションしました。

手術はスムースに終わりました。グッド
初期固定も良いので、3ヶ月後には印象出来るでしょう!



歯が入るのが楽しみですね嬉しい



東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断はケンデンタルオフィス

出張手術に行ってきました!

昨日の、出張手術は上顎前歯の症例でした。

抜歯前の歯科用CT画像は確認していましたが、
実際に骨の状態を見ると、予想以上の骨が吸収していました。冷や汗(抜歯は出張先の先生に先にして頂きました。抜歯後2ヶ月経過していたので、歯肉の治りは良いのですが、骨は吸収してしまったようです)
骨移植が多少必要でした。
しかし、充分ご自身の骨を採取する事が出来たので、人工の骨を使う必要はありませんでした。

術後のレントゲン写真です!


かなり外科的侵襲が大きいので、今日、電話で確認しましたが、痛みや腫れはなく、大丈夫との事でした。OK

初期固定もよいので、3ヶ月後には、最終の補綴物を作っていけると思います。グッド
楽しみです。嬉しい


東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断はケンデンタルオフィス

出張、行ってきました!

昨日、夕方に浅草橋歯科医院の方へ出張OPEに行ってきました。

今月初旬、ケンデンタルオフィスにて歯科用CTによる診断をさせて頂きました。
(ケンデンタルオフィスでは、当医院の患者様はもちろん、他医院で行うインプラントの手術の際は、術前に歯科用CT(3DX)で診断してから行っております)

右下頬面観


#45 縦断面


#46 縦断面



その際に問診すると、高血圧の他に、一過性脳虚血発作を去年起こされて、バイアスピリンも服用中との事でした。

バイアスピリンを服用中という事は、OPEの際に、出血が止まりにくい場合があります。
担当医に紹介状を書いて、許可を頂いてからOPEを行いました。

OPEは、30分強で終わりました。(下顎臼歯部に2本埋入しました)
特に痛みもなく、すんなり終わりました。(OPE前はかなり緊張されていましたが)

3ヶ月後に、型取りすれば、固定性の補綴物(歯)が入ります。

楽しみですね!


東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断はケンデンタルオフィス

出張 行ってきました!


こんにちは!
昨日、夕方に去年から伺っている、浅草橋歯科医院の土屋先生の所に、インプラントの印象の出張に行って参りました。(上の写真はインプラント部分の型取りした物です。シリコン印象材で型取りします)

去年11月、ケンデンタルオフィスに歯科用CT(MORITA 3-DX)撮影に来て頂き、診断してから、去年12月にインプラントの埋入OPEをしました。(左下大臼歯部2本です)

ここで、歯科用CTの撮影の必要性について、簡単にお話しします。
インプラントの手術の際に、下顎骨の場合は、顎の中を通っている下歯槽神経までの距離及び骨の厚み、上顎骨の場合は、上顎洞までの距離及び骨の厚みを知る為に撮影は必修だと思います。
自分も、勤務医の頃は大学病院まで行って頂き、CT撮影をしてから行っていました。
自分がインプラントン勉強させて頂いていた病院には、歯科用CTがあり、歯科用CTの凄さ、また患者様に説明するツールのひとつとして大事だと思い、開業当初から導入いたしました。
(借金は大変ですが冷や汗  ちなみに開業当初から3-DXを導入した病院は日本で最初かもしれません嬉しい
詳しく3-DXについて知りたい方は以下のHPを見てみて下さい。
URLhttp://www.dental-plaza.com/article/0507153DX/top.html

また、歯科用CTについては、おいおいblogに書いていきます。

最初の患者様の話に戻りますが、インプラントの型取りは、インプラント部分に型取り用のピンを立てて、シリコン性のもので印象するだけなのでそんなに大変ではありません。

インプラントの処置が大変だと思われている方も、多いとは思いますが、歯科用CTで診断して、骨の厚みや高さを確認した上で、インプラントを手術するのであれば、大変な事はありません。(患者様によって骨が不足していて、大変な場合もありますが...)

一度御相談下さい。相談料は無料となっていますので!
TEL03−6279−7418
MAILinfo@kendental.com
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM