歯科用CTによる診断

最近、立て続けに外注の歯科用CTの患者様がいらっしゃった

お二人とも、担当の先生はアストラテックインプラントのユーザーでした

第一症例:右上第2大臼歯部の診断
 上顎洞までの距離、骨幅もあり、上顎洞内の炎症もないので特に問題なくインプラントを埋入出来ると診断した



第二症例:右下第一大臼歯の診断
 下歯槽管までの距離は13~14mmあり十分であるが、骨の形態がステント通りに埋入すると穴をあけてしまうので注意したい

よって傾斜埋入が必要だが、埋入は可能と判断した


これらの診断は、決して従来のレントゲン写真では、このような診断は出来ない

みなさんの中で、インプラントで歯を増やそうとお考えの方は、必ず歯科用CTによる診断が必修だと自分は考える

自分が治療を受ける立場であれば、歯科用CTで診断してからインプラント治療を必ず行う





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

インプラント埋入前の歯科用CTによる診断

今日、他医院からインプラント埋入前の診断の為の患者様がいらっしゃった

患者様はとても恐がりの方であった

歯科用CTの本撮影は9秒で終わるので全部で5分もあれば終了する

その後データー解析して、直ぐにご説明した

患者様は、とても納得されて帰られた嬉しい

インプラント埋入部位には特に問題はない(骨幅も下歯槽管までの距離も)
 

しかし前後を観察してみると、後ろの大臼歯部に歯周病がみられる


歯の周囲の骨が4壁のうち3壁が失われている


ですから、インプラント埋入する際は、術前の診断として歯科用CTで診断する事は非常に大事な事だと考えている見る

自分の経験からいうと実は治療計画が変わる事も少なくはないびっくり






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯科用CTによる診断

今日、他医院の紹介の歯科用CT診断の患者様がいらっしゃった病院

CTによる診断の目的は、インプラント前の診断であった

しかし歯科用CTを撮影してみると、実は埋伏歯が骨内にあったびっくり

X軸縦断面


Z軸横断面


依頼された先生にお話すると驚かれていた


これは個人的な質問になりますが、BLOGを見られている矯正専門医の先生がいらっしゃったら教えて下さい

この埋伏歯を矯正的引っぱり出す事は可能なんでしょうか??

またその後も歯として使う事が出来るのでしょうか??

教えて下さい


ケンデンタルオフィスも明日より4日間GWでお休みですニコニコ
皆様も楽しいゴールデンウィークをお過ごしください晴れ晴れ






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

矯正用インプラントで注意すること

みなさん、ご無沙汰しています

なかなか更新出来なくて申し訳ありません冷や汗

今日は、外注(他の矯正歯科医院から)の矯正用インプラント埋入の際に注意する事のついてです

ケンデンタルオフィスでも開業当初から、矯正用インプラントの埋入を行ってきました

その際に必ず術前の診断として、院内にある歯科用CT(モリタ 3−DX)を撮影してから、分析します
その場で診断出来ますので、すぐに患者様にご説明して、矯正用インプラントを埋入する事になります

今日のCTのデーターは、依頼された先生からのオーダーでは第一大臼歯と第2大臼歯の間との事でしたが、レベリングが終了しているので、歯根と歯根の距離が近くなっており、その間に矯正用インプラントを埋入する事は不可能です

縦断面


横断面


依頼医に相談の上、そのもうひとつ手前の位置に埋入する事になります

このように、術前の診断が、矯正用インプラントであっても、3次元的な診断が大事だということです

みなさんの中で、矯正用インプラントを埋入する事ある場合は、是非歯科用CTで3次元的な診断をしてから行う事をおすすめします






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

CTの診断

今日、朝一番に新橋鈴木歯科医院紹介のCT撮影の患者様がいらっしゃった

内容は、下顎小臼歯部の抜歯後のインプラント埋入前の診断です

患者様自身、PCにも詳しい方で、3次元的に解析される歯科用CTをすぐ理解されていました

診断結果は、まだ抜歯窩は完全には治癒していませんが、インプラントを埋入するための、骨の高さ、及び幅は問題ありませんでした

患者様も納得して帰られました

いつも鈴木先生、患者様をご紹介して頂きありがとうございます




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

CTの診断(5件)

今日は、一日の数では最高の5人の歯科用CT診断の患者様がお見えになりました。病院

5名様のうち4名の方が、インプラント埋入前の診断で、もう1名は上顎洞の炎症の治癒の改善の確認でお見えになりました。

インプラント埋入のためのCT診断の方は(2回目の方もひとりいらっしゃいました)、みなさん、骨幅も骨の高さも十分にあるので、インプラント埋入には特に問題ないとご説明させて頂きました
(みなさん、良かったですねニコニコ

上顎洞の炎症に患者様は、1ヶ月抗生物質の飲まれたので炎症治まったかどうかの確認でしたが、あまり変化は見られませんでした
(S様、担当医の先生ともう一度ご相談下さい)


やはり、歯科用CTのデーターが全部信用できる訳ではありませんが、総合診断を行う上で、必ず行うべき検査のひとつだと自分は考えています






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

CT診断

今日、午前中にいつもご紹介頂いている新橋 鈴木歯科医院から歯科用CTの撮影及び診断の依頼の方がお見えになりました
(鈴木先生、いつもCTの患者様をご紹介頂きありがとうございます)

部位は上顎小臼歯部です

診断の結果は、骨幅も上顎洞までの距離も特に問題ありませんでした

患者様にもご説明しましたが、よく納得されてからお帰りになりました

時間も多少あったので、インプラントについてもアニメーションを使ってご説明したので、納得されて帰られました

歯科用CT撮影依頼される先生がいらっしゃいましたら、ご連絡ください
TEL03-6279-7418
MAILinfo@kendental.com






東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

CTの診断&台風

みなさん、台風は大丈夫でしたか?

この台風の中、朝一番の患者様がCT診断の患者様でした
(T様、台風の中、ありがとうございます)

実は、前回6月に一度撮影にいらしている患者様でした。
その時は抜歯直後(1〜2ヶ月後)だったので、骨が出来ておらず、
また上顎臼歯部で、上顎洞までの距離がないので、今直ぐにはインプラントを埋入する状態ではありませんでした

今日は、さらに4ヶ月経過しているので、骨の状態がどのように変化しているか、確認にいらっしゃいました

歯科用CTで撮影してみると、前回空洞になっていた所に骨が再生したため、7〜8mmの骨の高さが得られました。

患者様も納得されて帰られました

やはり歯科用CTで診断することによって、歯科医師サイドも患者様サイドも安心してインプラント治療に望めますね嬉しい

『歯科用CTは凄いです』



話は変わりますが、台風でベランダ菜園の鉢が倒れて、実が落ちてしまいました

真ん中の緑の実は、トマトではなく、カラーパプリカの子供です
トマトはサラダとして食べました
美味しかったです嬉しい
パプリカはかじってみましたが、美味しくありませんでした悲しい



東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

CTの診断

今日は午後一番に、中目黒で開業なさっているタナベデンンタルクリニックのご紹介の歯科用CT診断の患者様がお見えになりました
(田辺先生、いつも患者様をご紹介頂きありがとうございます)

上顎前歯の補綴物脱離で(縁下カリエス(虫歯)のため)インプラト埋入可能かの診断でお見えになりました

上顎前歯の場合、前歯の裏側に切歯孔という穴があり神経と血管が通っています

今日のケースもその切歯孔に近く、また思ったより骨幅がありませんでした冷や汗

ですので、インプラントもナロータイプ(細いインプラント)のインプラントを選択しなければなりません。

このように術前に歯科用CTで診断することによって、治療計画を正確に立てられますグッド

みなさんでも、インプラント治療をご希望の方は、必ず術前に歯科用CTで診断することをお勧めします

今ではインプラント埋入のシュミレーションも出来ますので、ご自身もよく理解してから、処置に望めますよ





東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス

歯科用CTによる診断(外注編)

今日も歯科用CT(モリタ3-DX)による診断の患者様がお見えになりました

内容はインプラントの埋入前の診断です
部位は左下臼歯部です

まずは頬面観から

骨が後ろにいくに従って下がっているのがわかると思います
また下歯槽管までの距離も後ろにいくに従って骨頂に向かって上がっています

次に左下第一大臼歯部の縦断面です(Y軸)

ここは骨幅も十分あり、下歯槽管までの距離も15mmあるので特に問題なく直径4.1mm、長さ10mmのものを埋入出来ます

次に左下第二大臼歯の縦断面です(Y軸)

こちらは第一大臼歯に比べて、下歯槽管までの距離が9.6mmなので、長さは8mmのインプラントは埋入出来ます(骨幅は十分あるので特に問題ありません)

このように、3次元的に歯科用CTで解析することによって、インプラントを埋入する歯科医師サイドにもメリットがありますが、患者様もよく理解した上で手術を受けることが出来ます
これが究極のインフォームドコンセントだと自分は考えています


みなさんもインプラントばかりでなく、歯科治療に対して不安があれば、一度歯科用CTで診断してみてはいかがですか??


話はかわりますが、明日よりケンデンタルオフィスは夏期休暇とさせて頂きます
患者様にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします

病院のベランダて収穫したトマトと茄子です

ブログも夏期休暇の間はお休みさせて頂きます




東京都目黒区のインプラントはケンデンタルオフィス・目黒インプラントセンター
歯科用CTによる診断は目黒区のケンデンタルオフィス
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM